アイドルに歌唱力を求めるのは違うと思う。

どうも、だすたんです。
最近、ずっと乃木坂46の動画を見てます。ほんっとにずっと。

もうそれくらいハマっちゃいましたね。

まぁそれは置いといて、今回はタイトルの通り。

 

アイドルって別に歌下手でよくね。

 

よく、「Mステに出るアイドルは口パクだ~~~~~実力派のバンドとかシンガーソングライターとかはちゃんと歌ってる。」
みたいなことを言ってる人がいます。

そんなもん当たり前。

だって、踊らないといけないんだもん。
踊りながら歌うってかなり難しいですよ。

アイドルのダンスってめっちゃ難しいうえに、さらにうまく歌わないといけないとかもう地獄じゃないですか。

そもそも、「アイドル」ってなんなのでしょう。

アイドルとは、「偶像」「崇拝される人や物」「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」を意味する英語に由来し、文化に応じて様々に定義される語である。

引用:Wikipedia

とまぁWikiに書いてあるのはこんなかんじ。
もともとは、国外の人気の芸能人を「アイドル」と呼んでおり、国内の芸能人を「スター」と呼んでいたようです。
1960年代になると、映画産業の衰退やテレビの普及によって徐々に、「スター」と並行して「アイドル」という呼び方も広がっていったみたい。

未熟な可愛らしさ身近な親しみやすさなど、今ある日本のアイドルの起源が誕生したのが1970年代。

 

うん、まぁよくわからん。そもそも生まれてもないし・・・・・

さて、話を戻しましょう。
なぜ、世間はアイドルに歌唱力を求めるのでしょうか。

俺は、世間の求めるアイドル像は時代に合ってないのではと思います。

 

ここからは、自論です。

歌が下手って言ってる人たちは松田聖子時代を生きてきた人たちだと思います。
松田聖子のことはよく知らないのですが(そもそも俺生まれてない)まぁ歌はうまかったのでしょう。
顔も可愛かったのでしょう。河合奈保子とか小泉今日子とか本当にすごかったんでしょう。
でも俺は思うわけです。


松田聖子


河合奈保子


小泉今日子

 

 

 

 

 

いや、みんな顔いっしょやんけW

 

思いません?髪型とか一緒じゃん。え、これが当時バカみたいに売れてたの???え、なんで????
この髪型可愛いか???

でも、売れてたんです。そういうのがウケる時代だったから。

 

じゃあ、今のアイドルはどうでしょう。

 

音楽番組では口パク、実際に歌うとくそ下手。なんか集団で群れてる。

でも、それがウケる時代なんです。
今のアイドルは、別に歌が下手でもなれるんですよ。むしろ下手なとこが可愛いとか思われちゃう。

もう歌えて、可愛くて踊れるアイドルの時代なんて古いんですよ。
いいじゃないですか、口パクで。いいじゃないですか、歌がへたくそで。
ファンがそこにいて、そこにお金が落とされてるんだからそれでいいんですよ。

ちょっと、アイドルとは違うかもしれませんがPerfumeなんてすごいですよ。

これ見てください。
サビのとこなんて、あーちゃんがおもいっきり

 

 

「ディスコ!!!!!」

 

って叫んでます。口パクバレバレです。
ここまでやる人ってなかなかいないと思います。
でも、こうやって観客を煽って観客はすごい盛り上がるし、歌ってるあーちゃん含め3人もめちゃくちゃ楽しそう。

 

ほら、もう口パクでいいじゃん!!!

ファンと本人たちが楽しければいいんですよ。
生歌を聴きたいならバンドでも聴けばいいと思います。
アイドルに生歌を求める時代じゃないんです。

とまぁ最近、乃木坂46にハマってしまったので書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)